• 【TEL】092-322-3631
  • 【FAX】092-322-1206

薬剤部

薬剤部紹介

【理念】
病院の目指す理念に基づき、薬剤師の専門知識を活かしチーム医療の一員として患者さまに接する。

病院薬剤師の主な業務をご紹介します。

調剤業務

調剤は薬剤師の中心的な業務です。処方箋に記載されたお薬の投与量、重複、飲み合わせなどのチェックを行い、安心して患者さんにお薬を服用して頂けるように努めています。
自動錠剤分包機により1回服用分を1包として、お名前と服用時間、お薬名を印刷します。
お薬の飲み忘れや飲み違いがなくなり、服用も便利になります。

ご希望の方は薬剤師にお気軽にお申し出下さい。
調剤したお薬は、薬剤部の窓口で患者さんに服用方法、薬の効果、注意点を説明し、お渡しします。

注射剤業務

入院患者さんの注射箋により、各患者さんごとにセットし、与薬カートで病棟に払い出しています。

外来化学療法混注業務

チーム医療の一環として、外来化学療法の混注を行っています。
レジメン(抗ガン剤の種類・併用薬の投与量・投与間隔・投与期間を規定した治療計画書)に沿って、調剤・監査・混注を担当しています。

薬品管理業務

医薬品の適正な供給および在庫管理等を目的として行っています。
麻薬、向精神薬、毒薬等は細心の注意を払って供給管理を行っています。

血液製剤管理業務

献血による赤血球、凍結血漿、アルブミンなど無駄にしないように、管理しています。

製剤業務

液剤・軟膏など一般製剤、製薬会社で製造されていない製剤を滅菌し調製 しています。

医薬品情報業務

有効かつ安全に医薬品を使用するためには、医療スタッフが情報を共有することが大切です。

薬剤部は医薬品に関する情報を提供し適正な使用を推進しています。

服薬指導

主治医より依頼を受けた入院患者さんに、お薬の服用方法などの説明を行います。

お薬に関する疑問や不安などがあれば、お気軽にご相談ください。

 こちらもご覧ください。